上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
美味しい日本料理やさん、み~つけた

パリには日本料理や(=寿司屋)が、たーーーーーくさんあるけど、美味しいところに巡り合うのは中々難しい訳ですよー

でも見つけました、その名も「Blueberry」。
日本料理らしからぬ名前でしょ~。
でも美味しいし素敵なのですっ

ネットで見つけて写真がとっても美味しそうだったので、今週行こうと計画していました~。
そしてファビちゃんの大学時代のお友達がパリに滞在中ということで、急遽
「お寿司好きでしょ~。行くけど行く~?」と、パリ滞在の目的の「パリカルチャーを楽しむ」というのを完全無視で寿司屋さんに連行させて頂きました

店内は白を基調とした、とてもおしゃれで可愛い感じ。
カウンター席もあります。
DSC02653 (420x280)

もちろん日本酒っ!!。。。ファビちゃんとお友達がね。
徳利が可愛い
DSC02650 (420x280)

枝豆などの前菜もありますが、すっ飛ばして寿司の写真~~!
どど~ん

こちら握り寿司プレート。お値段もちろんパリ価格の22ユーロなり~~
DSC02652 (420x280)

でもネタもいいし、上等なお寿司でした。
ちなみにお友達は刺身プレートを頼んでましたが、こちらも22ユーロ。

そして巻き寿司系へ。
こちらメニューに「Shizo」ってかいてあったから何やねんと思ったら、シソでした。
サーモンとアボカドが巻いてある。おいすぃ~~
DSC02651 (420x280)

もう一個、「Ponyo」とかいう巻物を頼みました(また写真がないけどね)。
ライスペーパーにマグロとアボカドときゅうりだったかな?が巻いてあり、ゴマドレッシングが付いてました。
なぜ「ホニョ」なのかは謎ですが、美味しゅうございました

そしてこちらファビちゃんのデザート、ブルーベリーパイ。
お店が「ブルーベリー」なだけに~
こちらもお値段お高めの11ユーロ(10ユーロだったかも)。
DSC02654 (420x280)

そして私は、お餅に包まれたアイスクリームを~こちらもドドンと10ユーロ
DSC02655 (420x280)

そう、正に伝説の一品「雪見大福」もどきなのですっ
こちら味が選べて、私は抹茶とバニラを選びました

雪見大福もそうなんだけど、この手のアイスは相当溶かしてから食べると超~~~~~美味しいのですっ
中のアイスクリームがトロっと外のお持ちがフワっとするのですっ
皆さん、是非お試しあれ

ちなみに、私達が行ったときは7時頃の早めの時間で少人数だったので入れましたが、
「予約が入っているので、9時までになりますっ」と言われました☆
予約してから行った方が確実かも

「Blueberry」
6 Rue de Sabot
75006 Paris

最寄り駅は「Saint-Germain-des-Pre」、「Saint-Sulpice」辺りです。

また行こー

なますて
2013.10.28 Mon l パリ生活(レストラン編) l コメント (1) トラックバック (0) l top
結構前ですけどね~、うどんやさんに行ってきました~

こちらマキキさんに連れてってもらって美味しかったので、数日後に、うどん好きのファビちゃんを連れて再度ご来店~しました

「国虎屋」さんでっす。
うどんと言えば高知。その高知にあるうどん屋さんが、パリにお店をだしているんですね~。

お店はそんなに大きくないので、平日の昼時に行くと待つこともあります。

ファビちゃんは暖かい肉うどんを。
DSC02049 (420x280)

私は冷たい納豆のうどんを。
納豆マイラブ。
DSC02050 (420x280)

味は濃い目。
麺はシコシコ麺ですっ

ファビちゃん、このシコシコ麺にご満悦。

お値段はもちろんお高めで、平均17~19ユーロぐらいかな?
ランチのセットもあるようで、おにぎりとかがついてくるらしい。

ちなみに、メニューの名前が、「動物園」とかナントカ、ちょっとこれナンですか??っていうような名前にフランス語の説明が付いているので、ちょっと分かりづらいかも。
でもお店の人は大体日本人のようなので、聞けば説明してくれます

うどん好きファビちゃん、テンションが上がって、
「仕事帰りとかにも待ち合わせして来ようよ~
とか言ってたんですが、先日、K-MART(アジアン食料品スーパー)で買った冷凍うどんを使って家で作ってみたところ、以外にもシコシコで美味しく、このうどんにもご満悦の様子で。。。
あれ以来、まだ国虎屋に行ってません

そのうちね。

「国虎屋」
1 Rue Villedo,
Paris

ナマステ
2013.10.25 Fri l パリ生活(レストラン編) l コメント (3) トラックバック (0) l top
今月初め、パリからルクセンブルグに引っ越してしまったお友達カップルとお別れの食事をしに行ったときの事。

メニューに何やら、フランス人でもそれが何か分からない物が。

店員さんに聞くと、
「Shellfish(貝類、甲殻類)です
との事。

お友達の会社の同僚のフランス人がそれを頼んでみました。

すると出てきたのはこれ。。。
DSC02281 (420x280)

うげぇ~~~~~っ
何ですかこれ??
豚足のような、亀の足のような、恐竜の足のような~~~

キモイ。。。キモ過ぎる。。。

でも注文した当人のフランス人同僚は、とまどいながらも口にしていました。
しかもちょっと楽しんじゃったりなんかして。 ↓
DSC02284 (420x280)

お味は。。。「見かけよりも美味しい」そうです。

「食べてみなはれ」と勧められましたが、丁重にお断り致しました

私、イナゴとか豚足とかミミガーとか、見かけのそのまんまな物は体内に入れないようにしています

これが具体的に何だったのか、誰にも分からず。
や~、日本人も色々変わった物を食べるけど、おフランスも負けてないね~

ナマステ
2013.10.24 Thu l つぶやき(パリ編) l コメント (4) トラックバック (0) l top
話は旅行に戻って、ラスベガスの帰りにニューヨークにも寄ってきました
初めて行ったニューヨーク。。。楽しかった~~

世界の金融、経済、ファッションの中心である大都会のパワーを感じました☆
そして色んな映画のシーンに使われた場所を見て感動~

「そういえばゴジラもキングコングもニューヨークで暴れてたよね~
とか、
「デイアフタートゥモローでこの図書館に逃げ込んでたよね~
とか。もう数え切れない映画の数々な訳です。
大興奮っ


でも何といっても、今回のニューヨークの旅で一番印象に残ったのは「911メモリアル」。

2001年9月11日に起きた悲しい事件の跡地です。
あの日、私は、家で何かのテレビドラマの最終回を見ていました。日本時間の夜9:50頃。
もうドラマが終わります、というところでいきなり画面が変わり、飛行機がワールドトレードセンターに突進する画像が映し出されました。これは1機目の追突(日本時間21:46)。
映像が映し出されてから約10分後の日本時間22:03に、まさかの2機目の衝突でした。
こんな事が実際に今起きていることが信じられない気持ちでした。

約3000人の犠牲者が出た、この悲しい事件の跡地周辺が再開発され、現在、新しいワールドトレードセンタービル1~7(全7棟)が建設中です。
DSC02545 (420x280)


そして崩壊してしまった2棟のワールドトレードセンターの跡地は、「911メモリアル」として、「あの日の大惨事を決して忘れず罪なき犠牲者を記憶に留め、追悼すること、また他人を救うために自らの命をささげた人々の勇気を称える」事を目的として、2つのビルのあった場所に、このような2つのプールが作られました。

DSC02542 (280x420)

このプール、淵から水が出て、さらに真ん中の深いところへ流れていくのですが、この真ん中のプールの深さが見えない。底知れない悲しみを表してるようでした。
それぞれのプールの淵には、犠牲者のお名前が刻まれています。
お名前は、9/11当日に犠牲者がいた場所やその日に亡くなられた方との関係を反映したり、ご家族が希望により、別の犠牲者のお名前の隣に並ぶようにするなど、いくつもの配慮がされているそうです。

また、犠牲者のお誕生日には、911メモリアルの職員によって、白いバラが供えられるそうです。
DSC02544 (280x420)

犠牲者のうち、400名以上が救助のためにビルに入った初動レスキュー隊だそうです。
1403151_10151918813624089_254451225_o (420x280)

犠牲者の国籍は90カ国以上、最高齢は85歳、最年少は2歳の幼児だそうです。
この日、約3000人の命が無念にも絶たれ、その家族や友人の人生も変えてしまったのです。
本当に心が痛みます。

政治や宗教や民族やら、色々と難しいことは沢山あるのは分かります。
それらが複雑なことも分かります。
でも、
「色々あるけど、仲良くやりましょうよ~っ!」
と思います。
もう二度と、こんな酷い事が起きない事を心から願います。

ちなみに911メモリアルは無料ですが、チケットを窓口にもらいに行ってからでないと入場できません。
またはインターネットで予約し、チケットをプリントアウトして持っていくのが一番早いかも。

なますて
2013.10.22 Tue l 旅行 l コメント (2) トラックバック (0) l top
止まらぬタイ料理愛

こちらはファビちゃんと私の一押しタイ料理レストラン。

「Thabthim Siam」

こちら、アパートに引越し前、ホテル滞在中に良く行っていました。
インターネットでたまたま見つけたこのお店。
大通りや繁華街的な場所ではなく、ちょっと静かな通りにあるので、初めて行った時は「どうなの~?」と思ったのですが、これまたどうしてかなりの美味。

数回行きましたが、ホールで注文をとるウェイター(マネージャー?)一人と、シェフ一人しか見たことがありません。

このウェイター、タイの方と思われますが、英語もできます。
最初に行った時に、英語のメニューをお願いしましたが、勉強の為にとファビちゃんがフランス語のメニューも持ってくるようにお願いしました。

私達がアジア人と白人のカップルだったからか、次に行った時も私達のことを覚えていてくれて、「英語のメニューとフランス語のメニューですね」と、最初から持ってきてくれました
これぞ客商売の鏡

はて、注文したのはもちろんトムカーガイ。
(今回、携帯の写真の為、暗くてすいません)
20130903194340972 (420x420)

。。。激ウマです。

ほんとにほんとに美味しい
ココナッツと甘みとレモングラスやらなんやらの香草関係がうまいこと絡み合っているのですっ


そしてこちら、英語のメニューには「チキン」と書いてありましたが、鴨のような気がするサラダ。
20130903194355749 (420x420)

は、またまた出ました激ウマですっ
人の味覚に「美味しい」と感じさせる何かが入ってるに違いないっ。

このサラダを家でも作りたいと思い、何が入っているかを観察しましたが、真相は分からず。
タイ料理って調味料・香草が多くて分からないんだよね~。

そしてもちろん、ナントカの一つ覚え、パッタイ。
20130903195918919 (420x280)

美味しいです。でも↑スープとサラダ程の感動は無かったかも。

そしてファビちゃんはビーフの。。。レッドカレーだっけな?(忘れた)
20130903195911332 (420x280)

こちらはまたまたおいすぃ~っ

ビーフがとろけるのですっ。
豚の角煮のようなとろけ感。

ちなみにこの人の良さそうなウェイターさん、料理を運んで来て去る時に
「Have a good appetite~♪」
と必ず言います(←彼的英語)。

20130903195630402 (420x420)

あ~、食べたくなってきた。

「Thabthim Siam」
28 rue de Moscou
75008 Paris

なますてぃ
2013.10.19 Sat l パリ生活(レストラン編) l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。