上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
一般的にパリの朝食って、クロワッサンやバゲットとコーヒーとオレンジジュースとか。
完全に炭水化物と糖分のみっ!のが普通な訳です。

朝食の為に、カフェにでも行こうものなら、「オレンジジュース、コーヒー、クロワッサン」=11ユーロなり~
みたいなのが普通な訳ですよ。

でも、「納豆アンド生卵にぃ~、味噌汁とか~、フルーツにヨーグルトとか~」っていう素敵な朝食の国、ジャポンから来た私には、「この内容でこの値段~~??!はぁ~~??」って事になる訳ですよ

そんな訳で、パリに来たばかりのとある週末、ファビちゃんと「素敵なブランチを食べに行こう」計画を立てました。

そこでファビちゃん、とあるパリ情報のウェブサイトで「The best brunch in Paris」というのを見つけ、”The Best!"になっているカフェにウッキウキで向かいました~。

いざ着いて見ると。。。おやおや?何だか皆同じものを食べているぞ~
皆バゲットと飲み物~。
でもBestなんだから、この後スペシャルがあるはずだということで、とりあえず入りましたが。。。

ファビちゃん:「メニュー持ってきてください」
店員さん :「メニューは一つだけで、ブランチメニューだけです」

という訳で、とりあえず頼んでみましたが。。。

結果⇒バゲット、数種類のジャム、アップルジュースにコーヒー

という世にも恐ろしい不健康メニュー。
その上、バゲットやジャムが他より特別美味しい訳でもない。

私 :。。。。
私 :(イライラ)
私 :「ファビちゃん、どこが The best brunch なのよ~~

というファビちゃんへの八つ当たり付で、この日のブランチは終了。
チ~ン。

以降、ブランチのレストランをネットで探す際は、細心の注意を。

そして見つけたうちの一つがこちら、その名も「Breakfast in America」

さすが食べすぎの国アメリカ(←失礼)。
年中無給の8:30am~11:00pmまで開いているのです。
これはパリでは素敵ポイント。何故なら、フランスのレストランはランチタイムとディナータイム以外は閉めてしまうレストランが多いのです。
なので、時間を逃さないように食べなきゃいけない=お腹が空いてなくても今食べておかなきゃ
という事態が発生するのです。

はて、Breakfast in Americaのブランチ。
各テーブルにトースターと調味料一式(ケチャップ、マヨ、マスタード、塩、コショウ、メープルシロップ)が置いてあって。
DSC01706 (420x280)

まずパンが運ばれてきます。「自分で好きに焼いてちょ」って事ね。
DSC01709 (420x280)

そして好きな卵料理メニューを一つ。
DSC01711 (420x280)

結構なボリュームです~。
DSC01710 (420x280)

そしてパンケーキかマフィンかドーナッツかを選べます。
私はパンケーキ。
DSC01713 (420x280)

ファビちゃんはドーナッツ。ドーナッツにはヨーグルトが付いて来る。
オ・ト・ク
DSC01715 (420x280)

この他にコーヒーとオレンジジュースも付いて16.50ユーロ。
フレンチカフェに比べると相当オ・ト・ク(←言いたいだけ)

でもね~、ボリュームがありすぎてとても食べ切れません。(←ウラハラ)
そしてとっても高カロリー
さすがアメリカン。
このお店、5区と4区に店舗があります☆

フランスにいながらアメリカンレストランを書く私

相変わらずホテルに住んでるので毎日外食しています。(=ファビちゃんも私もスクスク育っています)
そのうちフレンチレストランもアップするかもね~。

ナマステ
スポンサーサイト
2013.08.30 Fri l パリ生活(レストラン編) l コメント (2) トラックバック (0) l top
ときめきトゥナイトってご存知です~?

小さい時に姉が全巻買い揃え、便乗して読んでいたマンガです♪
狼女とドラキュラのハーフの魔界人の女の子が、人間の男の子に恋しちゃう、しかもその男の子は実は魔界の王子だった~~っ!!!
ていう壮大なお話です♪

これがヤフーブックスで5巻まで期間限定で無料で読めたので、久々に読んじゃいました~。
や~、今読んでもピュアで一途で素直な女の子と、クールでちょっと影のある男の子の、大人から見ればとってもシンプルな恋愛模様に心ときめくわ~

思わず、続きを買っちゃおうかしらんて思ったけど、とりあえず抑えています。
たまにはこういう懐かしいのを読むのもいいかも



結構前に、ホテルの近くのスーパーでこんなポテトチップスを見つけました。
photo (420x420)

どうです~?このおちゃらけた感じのパッケージ。

。。。好き

確か8種類ぐらいあって、どれもこれも、おっさんやらお爺さんやらの顔で、鼻からブヒ~っと火を噴いてるような絵柄です~。
英語だからフランスのチップスじゃないみたい~。

最近同じスーパーでは売ってるのを見ないので、次に見つけた時には全種類を大人買いしようと心に決めたのでありました

なますて
2013.08.27 Tue l 海外お菓子コレクション☆ l コメント (3) トラックバック (0) l top
パリでこんなかわいいチョコのお店を見かけました☆

これ、全部チョコレート
DSC01555 (420x280)

DSC01552 (420x280)

DSC01553 (420x280)

DSC01556 (420x280)

DSC01557 (420x280)

「Maison Georges LARNICOL」というお店。

チョコレートもアート。
もちろんお値段は、約30ユーロ~。

ただ、果たしてこのチョコ達、何日(いや何週間、何ヶ月)このディスプレイにいるのかは不明。
お味も食べてないので分かりませ~ん

でもカワイイから良し

なますて

2013.08.22 Thu l パリ生活(お店編) l コメント (2) トラックバック (0) l top
フランスについて更新しないままスペインの話をしま~す(←自由人)

スペインは、マヨルカ島とバルセロナに行ってきました~。
今日は、バルセロナで見て感動した、アントニ・ガウディはん編で~す。

ガウディはんは、スペイン、カタルーニャ出身で、バルセロナを中心に活躍した建築家です。
小さい頃にリウマチにかかり、学校に行き始めるのが少し遅れました。
痛みで動けない中、ガウディはんは草木や昆虫などをよく観察していたそうで、それがガウディはんの作風に反映されているのです~。

こちらご存知サグラダファミリア。
DSC01854 (420x280)

教会なんですけど、なんと~、1883年に作り始めて、未だに完成していないんですね~。
なのでこんなに未だにクレーンが~。
現在のところ、完成予定は2026年だって。しかも既に古い部分は修復工事も同時に行われてるとか~。

中はこんな感じで~。
DSC01909 (420x280)

内装は森をイメージしているとかで、柱は木の形を表現しています。
そして葉っぱを思わせる装飾も。
DSC01913 (420x280)
DSC01915 (420x280)
DSC01916 (420x280)

とにかく「ナンじゃこりゃ~。見たことないがな~!」
っていう景色です。

DSC01921 (420x280)

キリスト像も他の教会とは一味違う。
DSC01922 (420x280)

そういえば、昔、電波少年で芸人がサグラダファミリアの工事を手伝いに行ってたよね~
(↑知ってる方はある程度のお歳ですね

ちなみに、入場券を当日買おうとするとエライ並びます。この日は2時間待ちでした
なので行く場合はインターネットで入場券を予め買って行きましょう~
そうすると全く並ばずに入れます

そしてこちらは、グエル公園。
ここは入場無料です~
DSC01857 (420x280)
ま~、隅々まで。。
DSC01858 (420x280)
芸が細かいな~、という公園です~。
DSC01885 (420x280)
敷地がかなり広いので、
DSC01872 (420x280)
真夏に見て回る時は、水を持ち歩きましょう~。
日差しにやられます~。(←やられた人)
DSC01864 (420x280)
DSC01866 (420x280)

こちらは街中にひょっこりある、カサ・バトリョ。
近くまで行くと、明らかに他の建物とは違うかわいい建物+皆が写真を撮っているのですぐ分かる~。
DSC01895 (420x280)

カサ・ミラ。
こちらは入場料を払って中に入ってみました~。
DSC01950 (420x280)
まずは屋上へ。何やら不思議な形のオブジェがいくつも。
夏季はジャズコンサートなども屋上で催されるようで~す。
DSC01988 (420x280)

「カサ」っていうのはアパートって意味で、アパートの部屋の様子も展示されていて見れます(←写真は忘れた~)。
こちらの建物には、実際に今もすんでいる人がいるらしい~。
ガウディーはんの、かわいいアパートに住めるなんて素敵
DSC01986 (280x420)
DSC01985 (280x420)

鎖をこんな風に吊るして。。
DSC01993 (420x280)

それを下から鏡に映した姿をデザインしたそうな~。(↓この写真が鏡に映ったもの)
面白いこと考えるね~。
DSC01992 (420x280)

ちなみに、外から建物を見上げると~
DSC01953 (420x280)

各階が同じ形では無いのですね~。

ガウディはんのどの作品も、まるで、おとぎの国に迷い込んだ様な気持ちになる、素敵なものでした
ガウディはん、あなたを天才に認定いたしますっ(←もうとっくに天才と思われています)
ブヒっ(←興奮の音です)

そしてこのガウディはん、身なりを気にしない人だったそうで、ボロボロな格好で路面電車に引かれてしまい、建築家として有名で地位のあるガウディはんを、人々はホームレスだと思ってしまい、迅速に適切な治療が行われなかった為に、治療の遅れにより亡くなってしまったそうです。

ガウディはん。。。好きです、あなたの変わり者的な作風。

バルセロナ、お勧めです

ナマステ











2013.08.21 Wed l 旅行 l コメント (1) トラックバック (0) l top
お久しぶりね
全然更新しないまま、8月も半分以上が過ぎてしまった~。
でもまだホテルに住んでいます。うふ

そうこうしている間に日本にビザを取りに帰り、パリに戻ってすぐにスペインに旅行に行ってました☆
そして週末に再びパリに戻ってきて、やっと落ち着いた感が~。

とりあえずパリの街の様子を~☆

こんな感じで。。。
DSC01550 (420x280)
予想通りの景色でしょ~。

そしてセーヌ川とエッフェル塔。
DSC01545 (420x280)

セーヌ川に架かる橋には、鍵がいっぱいよ~。
鍵には「ジュテーム(I love youってことね~)」とか書いてあります。
でも、ここへ行ったときの私とファビちゃんの会話は、
「このうち何人が今も一緒にいるのか」「半分ぐらいしかうまくいったカップルはいないんじゃないか?」
というとっても現実的なものでした
DSC01722 (420x280)

ご存知、凱旋門。
DSC01681 (420x280)

これはルーブル美術館の隣にあるチュイルリー公園での夜のピクニックの様子。
この写真の時点で夜9時頃です。明るくて時間が分からなくなるのです。
DSC01702 (420x280)

DSC01703 (420x280)

そんな感じで暮らしています

ナマステ

2013.08.19 Mon l パリ生活(街の様子編) l コメント (4) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。