上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
ファビちゃんの会社はインターナショナルな企業なので、会社の人達も、その奥様方も国際色豊か。
オランダ、オーストラリア、イギリス、タイ、マレーシア、イタリア、ブラジル、etc。
国際結婚カップルも非常に多いんですね~♪

そんな皆さんと交流する機会が、インド滞在中に沢山あったのですが、気づいたことが。

皆さん、日本に対してすご~~~く良い印象を持っている事

旅行で行ったことのある人達や、仕事で住んだことのある人も。
皆さん、口をそろえて日本への好印象を語ります。

「全てがオーガナイズ(整頓)されている」
「安全」
「人が親切」
「人を尊重し合っている」
「テクノロジーがすごい」
「全てが超クール♪」
ってな感じの感想を何度も耳にしました。

中でも、数人の人は「そんなに~~?」というほど熱く日本が好き。

【症例1ーマレーシア人の奥様】
とあるパーティーで会った時の事。
私が日本人という事を知るやいなや、
「私はね、日本がもう大っ好きなのっ!もう文化が好き、食べ物が好き、人が好き。もう何でか分からないけど、完璧なのっ!ほんとに大好きなのっ!」
と熱く、10回ぐらいリピートリピートで語られました☆

ここまで言われるともう「私もあなたが好きですっ」みたいな気持ちになりますよね~。
一般的にマレーシアの方は、どちらかというと親日な傾向がある気がしますが、こんなに熱く告白(?)されると心打たれますよね~。嬉しい限り。

【症例2-オランダ人同僚】
「北海道に旅行に行ったとき、その町は小さくて、みんな全然英語を話せないのに一生懸命理解しようとしてくれて、皆フレンドリーで親切で本当にいい体験をした。そして日本人は、例えば道路工事のところにいる交通整理の人まで深ぶかとお辞儀をして御礼を言ったり、ビルなどの清掃の人だってすごい丁寧だし親切。あれは何でだい?なんで日本はそんなカルチャーになるんだい?何が違うんだ?」
との質問。

。。。う~ん、難しい質問だ~。
「どんな仕事でもちゃんと訓練されているからかな~。じゃないと日本では仕事に就けないか、クビになるよ~。」
「なんでそんなカルチャーって?。。。う~ん、日本人は大抵、小さい時から「誰も見てなくてもちゃんと正しいことをするのよっ」的な感じで教育されるからかな~?譲り合いの精神を叩き込まれるからかな~?」
なんて答えてみたものの、答えは分からない~。

「誰も見て無くても神様は見てるわよ~」的な台詞を言うお母さんも沢山いる気がするけど、日本人は欧米人に比べると、信仰心に熱い人は少ない気もするし。

なんだろね~。

でも確かに、電車は降りる人が先で、乗る人は待つ、とか、車も渋滞ができないように譲り合って運転するとか、私達には当たり前のことが海外では当たり前じゃなかったりするのね~。
東日本大震災の際も、被災地で救援物資の奪い合いとか、極限の状況の中でそんな事が起きなかった事を同じ日本人として本当に誇りに思います。

このままの日本で、日本人でずっといたい、いて欲しいな~と心から思います。


そしてインド。。。
完全に全員が「絶対に前に入れてやらない」という心意気の運転。
そしてそうじゃないと前に進めないので、皆、我先にという運転をする悪循環。
並ばずに横入りしてくるので、「絶対入れるもんかっ!」なんて思いながら並ばなきゃいけない、そんな意地悪心に似た気持ちをいつも持たなきゃいけないというストレス。

あ~、ほんとになんて日本て優しい国なんでしょう

日本人で良かったと心から思う今日この頃です。
日本の皆さん、これからも素敵で優しい、世界に誇れる日本でいましょうね~

日本大好き

なますて

スポンサーサイト
2013.06.26 Wed l つぶやき(インド編) l コメント (3) トラックバック (0) l top
ジャポン上陸で~す♪
や~、インドは道に人があふれてると思ったけど、日本の方があふれているよ~。
ラッシュアワーおそろし~。



インドで何度か国内旅行に行きましたが、バンガロールの道路はどこと比べても最悪に悪いです

バンガロールはここ10~15年で急成長した都市なので、道路も最初から計画されて作られたものではなく、
「ここ狭いからひろげちゃおうか~?」「この道をこの道にくっつけちゃったらいいんじゃな~ぃ?」
的な発想でどんどん広げられたんだと思います(←想像)。

更には、スピードバンプがどの都市よりも多くあります。
うちの前の大通りなんてなんなら50メートルおきにボコっとスピードバンプがあって、なかなか進まないよ~ん。
その上コンクリートの道路にも、なぜかボッコボコ穴が開いているので、舗装道路を走っていても、ジャングルを走っているようなスリル感♪(←いらない)
雨が降れば水浸し~。

デリーなんて、もちろん首都だし、ちゃんと計画されて作られたそうなので、全然問題なしでした~。

そんなコンディションの悪い道を、皆さんやりたい放題で車線なんて気にせず走るので、
「そりゃ~毎日渋滞するのは当たり前だよね」と納得。

毎日数回はヒヤリとする場面があります~。これも慣れたけどね~。

ず~っとこのままなのかな~?バンガロール~。
直した方がいいよ

なますて

2013.06.25 Tue l つぶやき(インド編) l コメント (2) トラックバック (0) l top
本日、インド出発日で~す♪
でもまだまだインドのおさらいシリーズは続くよ~。(多分)

インドに出発する前、書いたブログ

1.ガーデニング
⇒家にバルコニーがあるんだけど、日当たりがあまりよくない上に、インドに着いた時が冬で少し涼しく、さらには既にすぐにインドから引っ越さなくちゃいけなくなるかもという情報があり、種まきをせずに様子をみていた。
案の定、引っ越すことになったので断念。

2.ヨガ
⇒インドに着いた当初は家でファビちゃんと二人でヨガをしていたが、旅行で長期家を離れていたり、ファビちゃんの体調不良により、いつのまにかやらなくなる。ヨガ教室に通う友達が、インド人インストラクターにセクハラまがいの指導を受けたって話を聞いて、ヨガ教室を探すテンションも下がる。
ファビちゃん復活後は、もっぱらジム・テニス・プールで運動していたため、ヨガを忘れる。

3.アユールベーダ
⇒アユールベーダの学校の3ヶ月のコースに通っているという日本人女性に会ったことがあって、色々情報を頂くも、こちらも体調不良時期と重なり、あまり外出できず学校のことを忘れる。
そうこうしているうちに引越し準備に入り断念。

という、「したい事リスト」全て未完了という恐ろしい結果に~
フランスでやっちゃうもんね(←アユールベーダは無理)

ナマステ
2013.06.23 Sun l つぶやき(インド編) l コメント (4) トラックバック (0) l top
インドの謎。

1).スーパーやお店でおつりを用意していない。
  しかもお釣りがないといって平気で少ない金額のつり銭を渡してくる。
  時には黙って相当少ない金額を渡してくる。
  ⇒ 用意してないのはそっちなんだから、そっちが負担しやがれっフンッ

2).警察がなにかとチップを要求してくる。
  ⇒学校で「日本の警察は崩壊してる?」と聞かれたので「日本は大丈夫。
   悪いことしたらつかまるし。」と答えたら、「??」という顔をされた。
   警察が警察に捕まるというのが理解できないらしい。

3).何かのデリバリーを頼んだ時、「1時間後に伺います♪」と電話があったが実際来たのは
  6時間後。
  ⇒それならむしろ電話しないでちょ。

4).ショッピングをしていると、必ず店員がくっついてくる。しかも一言も発せずに、商品を見て
  回ってる客にず~っとピッタ~とくっついてくる店員もいる。
  「見てるだけです」と言ってその店員が立ち去っても、他の店員が数秒後に付きまとい
  始める。
  ⇒落ち着かない&イラっとする。放っておくと5分でも10分でもついてくる。

5).「インドは牛が神様だから牛は食べないよ~。豚はゴミを食べるから食べないよ~。」
  ⇒牛も道端でゴミをがっついてます。

6).犬が日中、道端で寝ている。ナンなら足が車の通る道路にはみ出たまま寝ている。
  その上、車が超スレスレを通ってもピクリとも動かない。
  ⇒びっこをひいた犬がたくさんいます。

7).バイクの運転手はヘルメット着用を義務付けられているが、後ろに乗っている人は
  ヘルメット無しでもいいという法律らしい。
  ⇒お父さんの運転で、妻・子供2,3人を乗せて走っているバイクがいるが、ヘルメットはお父
   さんのみで、女子供が一切守られていない不条理。

8).ケーブルテレビを解約しようとして、ホームページからキャンセル依頼をした所、翌日
  電話が来て
  「なぜキャンセルするんですか?」→「引っ越すからです」
  「いつインドに戻ってきますか?」→「戻ってきません」
  「いつか戻る予定はありませんか?」→「ありません」
  「分かりました。では担当者から明日電話をします」
  。。。と言ったきり、電話がかかって来ない。
  ⇒↑引きとめの電話のみ。

9).電話でインド人と話をすると(デリバリーや何かの注文、カスタマーサポート等)、
  会話の途中で  こちらの言ってる事が理解できなくなると、急に途切れ、
  「あろ~?(=ハロー?(もしもし))」
  と聞こえない振りをする。聞こえないんじゃなくて完全にフリ。

10).外国人と写真を撮りたがる。特に観光地。
  ⇒私とファビちゃんも、まるでセレブのように写真を頼まれた。

11).人を凝視する。こちらが見返しても一切目をそらさない。
  ⇒とってもアンカンファタブル。

12).土曜の朝、6時半からアパート内の工事を始める。
  ⇒”迷惑”という言葉は彼らの辞書になし。

13).交通ルールがあって無いようなもの(特にバンガロール)。頭を突っ込んだもの
  勝ちというルール。
  ⇒お互い譲らず突っ込んでくるので、結局どちらも動けず、後続車も続いているので
   誰も動けなくなるという悲劇。余計に渋滞が酷くなる。

14).デパートなどの駐車場に、チケットをマシンから取り出して渡すだけの貯めの人がいる。
  ⇒ドライバーが自分でチケット取れるけど。

15).お医者さんに見てもらった後、病院の薬局に薬をもらいに行くと、「今この薬
  きらせてます」とよく言われる。
  ⇒困る~。そして街の薬局へ行って買うけど、大抵の薬が処方箋なしで買える
   気がする。。

16).並ぶことを知らない。
  ⇒相当イラッとします。絶対入れない技が必要。”並ぶ”という文字も辞書にない。

とりあえず思いつくのはこんなところでしょうか~。
つっこみ所満載なインドです~。

なますて


 
 
2013.06.20 Thu l つぶやき(インド編) l コメント (4) トラックバック (0) l top
隣の部屋のお手伝い君が、いつもキッチンの窓のレースのカーテン越しに外をこっそり(←いやきっと本人的には堂々と)覗いてるよ~。まさに家政婦は見た的な~。



はて、インド生活も残すところ1週間をきりました~。
そこでインドのおさらいを~。

メイドとドライバーについて~。

こちらではほとんどのエキスパットがメイドとドライバーを雇っています。
(インド人でもお金の余裕のある人は雇ってる)

メイドさんに関しては、月6000ルピー(1万円弱)程度で、掃除やら買い物やら料理やらをしてくれます。
エキスパットの皆さん、とてつもなく大きな家に住んでるので(インドだから)、とてもとても自分で全部掃除なんてしてられない訳です。

でも家はメイドさんは雇いませんでした~。
なぜなら、色々なトラブルの話を頻繁に聞いていたからで~す☆

物を盗む、金を盗む、物をせがむ、仕事に遅れる、無断で休む、お金を貸してくれと頼む(しかも返すのに彼らにとっては何年もかかる金額)、な~んて事はショッチュウ聞く話です~。
さらには、「今日は、他の家の仕事があっていけないので、娘が代わりに働きます。」といって8歳の娘を送り込み、通常の給料をもらおうとしたというメイドの話も。
ひどいね~。

もちろん、ちゃんと働いている優秀なメイドさんも沢山いるんでしょうが、ほんとに↑こんな事がよくあるのです~。
元々私は、家に知らない人がずっといるっていう状況が好きじゃないし、何か無くなってないか?とか、心配しながら生活するのはむしろストレスってことで、「ファビちゃんメイドは要りませんっ。私が掃除しますっ」と宣言して今に至ります

うちもかなり、いや無駄に広いので、掃除はかなり大変でした~。相当省略気味で掃除してたけどね
でもメイドを雇わなかったことに関して、後悔なしっ

そして家のドライバー。

【特徴】
1). お腹の出た良いおっちゃん
2). 安全運転(時に安全運転過ぎて遅い)
3). 私達に嫌な顔を見せたことがない
4). 話が長い(しかも世界の常識的なことを、私達が知らないかのように説明する。例:「曲げて飲めるストローがあるんだよ。この部分が曲がって、こういう風に飲めるんだよ。」とか。。)
5). 運転中、他の車やバイクが割り込んだりすると、無駄にいつまでもにらみつける(かといって文句を言うわけでもない)
6). 要領が悪い&判断を誤る(=渋滞を避けるつもりが、どんどん混んでる道にはまっていく)
7). 運転中に話しかけると、顔を見て話そうとするため後ろを向く。危ない。
8). 出かけたときの駐車場代なども、ちゃんとレシートを渡す。

ざっとこんな感じでしょーか。
総合すると、彼は良いドライバーでした。
めんどくさいとこは多々あったけど、残業も嫌がらないし(←むしろ残業したい派)。
駐車場代等を多く言って小銭をくすねるドライバーも多い中、それはなかったし。

でもね~。先月にがっかりな事実が判明。

【エピソード1】
私達、インドを出ることになったので車を売ることになり、すぐに買い手が見つかりました~☆
早速、名義変更やら保険の変更などの手続きを。

ところが。。。保険会社に変更を知らせた所、「お宅の車は保険に入ってませんよ~。去年、加入の手続きの際に頂くはずの2000ルピーを頂いてませんね~」

。。。そんなはずはない~。だってドライバーを支払いに行かせて、しかもドライバーにその数週間後に聞いたときに「支払って完了しました」って言ってたはず~!

っは~~??

っていう事で、ドライバーに再度聞いてみると「すいません。あの時期にバスでスリにあって7000ルピーなくしました。。」

っは、っはぁ~~~??!!ですよ。
家はずっと保険なしで車に乗ってた訳ですよ。。。ひどい~。

スリの話が本当かどうかも分からないけど、本当ならそれはそれで仕方ない。
私達にとっては大した金額じゃないけど、彼にとっては大金。もし本当の事を言ったらクビになる、もしくは返せと言われると思って怖くて言えなかったのかも。
でもやっぱりガッカリだよ~。
とにかく起きてしまったことは仕方ないってことで、そのまま次のオーナーへ保険は移行されました~。

【エピソード2】
彼の給料は、ファビちゃんの会社の人達のドライバーへの給料を参考にして、ほぼ同額をあげてました。
でもこれは一般的にドライバーとしては相当良い給料です。
さらに残業代もそれなりに稼いでいたので、それなりにお金はあるはず~。奥さんも働いてるし~。

でもね~、裕福じゃないにしても、どう考えても普通には生活できる金額なはずなのに、やっぱりこのドライバーも数回、給料の前借の依頼をしてきました。
なんと、家に働き始めてすぐに前借の依頼が。
ま、次の給料から引けばいいだけだから別にいいって事で、依頼があった際には応じてました~。

先月、ドライバーのお母さんが胆石で入院して手術が必要なんだけどお金がないっ、と泣きついてきました。
既に私達の引越しが決まっていて、最後にはボーナスをあげるつもりだったので、その分を先にあげようって事で、1ヶ月早いけど、ボーナスとその月の給料も全額早めにあげました。
とりあえずはそれで病院は何とかなったらしい~。

そして疑問。
この国には医療保険に入るという習慣・意識があまりないらしい。
もちろん大きな会社に働いてる人達や教育のある人たちは入っているみたいけど。

もちろん、うちのドライバーもその家族も医療保険はなし。
保険が高すぎて入れないのかな~?と思って調べてみると、1年で1000~2000ルピーぐらいで入れるらしい。
月にしたら84~170ルピーぐらいですよっ。払えないことないでしょっ!

だって早かれ遅かれ皆病院のお世話になるはず~。
保険もないのに貯金もないなんて。いや、なんで貯金しないんだ?という疑問も~。

そして先週の金曜日が彼の私達への最終勤務日でした~。
や~、うっすら予想はしてたんだけどね。。。まさかの「ボーナス下さい」の催促がぁ~~!

「大抵のドライバーは契約が終わったときに、1ヶ月か2か月分のボーナスが。もらうことはできますか~?」みたいな。。。

いやいやいや。
先月お母さんの入院の時にすでにボーナスあげたでしょ?!ちゃんと説明したでしょ!
しかもあなた、車の保険のお金なくしてるでしょ~~~~!!!!

私とファビちゃん、彼に相当協力もしてきたしっ。
残業代だっていつも切り上げであげてたでしょ!破格のお給料もあげてたでしょ!
私達が出かけない日は有給で休みにしてあげてたでしょ!

ちょっと図々し過ぎやしませんか。
いつも誰かが助けてくれると思って甘く考えてやしませんか。

という訳で、もちろん最後の彼のいう1ヶ月か2ヶ月の(2ヶ月って)ボーナスはなしです。(いやしかも、チップとしてちょっとだけ多めに最後の給料あげたのに)

明らかにいつかバレる自分のミスを隠していたり、先を見越してお金を貯めたり使ったりできないって事に、
「。。。まるで子供の行動だ。。。」
と話し合っていた私とファビちゃんでありました。

や~、ほんとに日本の常識は通じないよ~、この国。

ナマステ






2013.06.18 Tue l つぶやき(インド編) l コメント (4) トラックバック (0) l top
数週間前に私達が住んでいるレジデンスゲートコミュニティー(セキュリティーされたゲート内に一軒家やアパートがある)内のお知らせメールで、

「○○番宅の庭に蛇がいました~。皆さん、注意して下さ~い♪」

というアナウンスがありました。

ひょえ~☆

この敷地内の道はもちろんコンクリートなんだけど、一軒家の皆さんは広い庭をお持ちのオホホな方達が多いので、そこに蛇くん達も便乗して住み着いちゃったらしいです~。

早速、管理者側が駆除業者を手配していたようですが、その時に退治したのかは不明。

そして昨日、またお知らせメールが。

「○○番宅の庭に、体調1.5メートルのコブラがいました~。見つけたらすぐに管理事務所に連絡してくださ~い♪気をつけてちょ~

だって。。。

ヒョエエ~~~!
また~?しかもコブラか~い?!しかもでかい~~!

ちなみに ↓ これは、北インドに旅行した時の「イエロースネークカモ~ン」の人(←蛇使いって事ね♪)。
※ホンモノのコブラです
919367_10151590759444089_949969186_o (420x280)


我が家は日本でいう4階。
日本の家で屋根裏に蛇がいた~とかいう話を聞いたことあるし~。
もしかしたらヒョロヒョロ遊びにきちゃうかも~~~”#$%&’(!

と、怯える本日の私~。

怖いわ~、インド

なますて
2013.06.17 Mon l インド生活(街の様子編) l コメント (3) トラックバック (0) l top
以前に家の近くの湖から流れ出る小川の泡のことを書きましたが。。。

ここ数日パワーアップしておりますっ

前の軽く5倍は泡泡だよ~~っ!
DSC01485 (420x280)

しかも最近風が強いので、泡が風に乗って舞っております。。

さらに湖の反対側からも、もっと小さい小川に通じているのですが、こちらも川幅いっぱい泡泡です。
この小さい方の小川が泡泡なのは、今まで見たことがなかった。
こっちまで汚れちゃうとは~。何したんだ~?工場か何かか~?

インドよ。。。あ~た、これどうにかしなきゃイカンよ
マジで。

これが健康被害を及ぼさない事を祈る。

ナマステ
2013.06.13 Thu l インド生活(街の様子編) l コメント (4) トラックバック (0) l top
インド生活もあと1週間半となりました~。

インドが恋しくなる第三位に輝いたのは~(←二位はナンだ?)?

。。。マンゴ~ちゃん

3月初め頃から一斉にスーパーにマンゴーが並び始めました。
しかも色んな種類のマンゴー。
スーパーには、6種類ぐらいのマンゴーを売っているところも

しかも、格安っ

日本だとマンゴーなんて高級フルーツですよね~。
でもこちらでは笑っちゃうぐらい安いのですっ(←今日は鼻息荒いよ~)

ってな訳で、鼻息を荒くした私は、インドにいるうちに食ったれっと、3~4月にかけて、マンゴーを食べまくった訳です。
1日1個(時には2個)。

そして色々な種類も試しました~。

このマンゴーの名前は。。。確かThothapllrlとかナントカ(←忘れた)。
かなり大きめ。3個で48.5ルピー(約80円)でした~。
お味はあっさり目かな~。
DSC00921 (420x280)

そしてこちらはちょっと小ぶりのSindhura。
2個で27.5ルピー(約48円)でした~。激安~。
味も甘くて美味しい~
DSC00922 (420x280)
DSC00923 (420x280)

でもやっぱり甘くて濃厚なのは、King of Mango、Alphonso~。
お値段はちょっと高めです~。買う場所によって値段の差が結構あるけど、1個100ルピー(約170円)のところもあれば、もう少し安いところもあります~。
DSC00891 (420x280)

見て、この美しい濃厚なオレンジ色をっ
アルフォンソに間違いなしっ
DSC00892 (420x280)

人気のアルフォンソはまとめ買いをする人も多いようで、12個入りぐらいの箱で打っているお店もあります。
私は6個入りを。
6個入り、300ルピー(約510円)~♪
DSC00936 (420x280)

そんな感じで3月~4月はマンゴーを食べまくったんですけどね、

、、、なぜか胃の調子が悪くなり、口角が切れ、唇と顔にもブツブツができる現象が。

その症状は、約1ヶ月続いた訳です。

何でだろ~?何でだ何でだろ~?と悩んだあげく、その1ヶ月で変わったこと、変えたことを考えた結果、
「マンゴーを食べ始めてからだ~~ぁ」
という事に気づき、早速ネットで検索してみると、ありました、マンゴーアレルギー。

マンゴーは漆科の植物だそうで、漆にかぶれるのと同じく、マンゴーにかぶれてしまう人がいるそうです。
まさにこれだっ!と思って暫くマンゴー断ちを。

どうやら熱を通したマンゴー(ジャムやピューレ)は大丈夫らしい。
そして皮や種の近くにはアレルギーを起こす物質が多いらしいので、美味しいからといって、もったいないからといって、種までかぶりつかない様にしましょ~(←体験談)。

泣く泣くマンゴー断ちをして数週間でブチブチや唇は元通りに~。
良かった~~

ところが人間は忘れる生き物なもんで、のど元過ぎれば熱さ忘れるって訳で。
最近、スーパーでマンゴーが私を呼んでる声がしたもんで、久々に買ってみました~。

久々のマンゴー
やっぱり美味しい~
やっぱマンゴーは裏切らないよね~

という幸せもつかの間、また口角が切れ、唇にブツブツができたのでした~。
ハイ、マンゴーアレルギー確定~
こんなに好きなのに~。
永遠の片思いとなりました~。あ~残念。

ナマステ~
2013.06.12 Wed l インド生活(食べ物編) l コメント (4) トラックバック (0) l top
更新遅っ

ってことで、デリーの後はタージマハールのあるアグラという街に向かいました~。
車移動で約3,4時間~
途中タイヤがパンクし、運転手さんが炎天下のなか必死で換えてました~。

さて、アグラはこんな感じ。

アグラフォート(要塞)で~す。
DSC01336 (420x280)
DSC01337 (420x280)

遠くにタージマハールが~♪
DSC01354 (420x280)

道端の床屋さん。
DSC01364 (420x280)

川では水牛が水を飲んでいます~。
DSC01372 (420x280)

街にはサルもいるよ~。
DSC01395 (420x280)

そしてこの日は、タージマハールの裏の庭園から夕日に染まるタージをみましょ~、というスケジュール。
庭園の入り口にはラクダが~。でかい~。
DSC01377 (420x280)

そして裏からみたタージマハール~。
DSC01385 (420x280)
DSC01387 (420x280)

全然夕陽に染まってなかったけどね

この日の気温、推定44度。。。
風が熱風です。。
この日はこれで観光はお終い。
そして次の日の朝、タージマハールの敷地内に入り、朝日を拝みましょう~的なスケジュール。

ホテルに戻り、プールで泳いだりしてリラックス~。
夕食もホテルで済ませてその日は就寝~。

さて、ここから私の悲劇が。
この先は↓お食事中の方は読むのをご遠慮下さい

夜中2時半、なぜか目が覚め、なんだか気持ちが悪い。
3時、「なんだこりゃ~?」=相当気持ち悪い。
朝5時半までに、数回少量を吐きましたが気持ち悪さ治らず。お腹も下す(←でも痛くない)。

そして出かける時間に。。。もちろん動けない。
せっかくのタージマハールが~。。。
実は北インドへの旅行は、タージマハールを見るのがメインだったのです。
。。。でも動けない~。。
ファビちゃん、ツアーの時間を変えるようにドライバーさんに連絡してくれましたが、8時過ぎになっても一向に治らず、とりあえず「ファビちゃんだけでも行ってき。。て。。。(パタ(←倒れる音))」ってことで、ファビちゃんに行ってもらい、一人就寝。。。しようとしたんですが、もちろんトイレに引きこもり。。。

2時間後、ファビちゃんが薬とドリンクを買って帰って来ましたがそれまでに数回の嘔吐~。
もうお腹は空っぽです。が、そこで38.1度の発熱が。

この日はチェックアウトをして次のジャイプールという街に向かう予定でしたが、チェックアウトの時間になっても回復せず。
結局、この日はこのホテルに延泊することに。トホホ。
泊まるはずの予定だったホテルももちろん当日にキャンセルなんてできず。トホホ。

気持ち悪さは、夜にはかなり収まり、熱も薬のおかげで下がりました~。
が、下痢が止まりませ~ん!
もうお腹は空っぽのはずなのに~。いや、完全に空っぽなのに~。そして全く痛くないんだよ~。
でも何かが出てくる~。

(食事前の人もここからは注意!↓)
水だよ~~!もはや”大”の色ではなく、無色透明の水だよ~!
しかも”大”の出口から”小”のような勢いで出てくるんだよ~!(←詳細いらない?)
「こんなの初めて♪」みたいな。
びっくりした~。でもとにかく体から毒素が出すのが大事って事で、水分補給だけしていたら次の日の朝には落ち着きました。や~、びっくりした~

そしてめでたく次の日の朝に、次の街へ向かいました~。
でも1日半、何も食べていないので炎天下の中フラフラよ☆

私は、前日の夕食のシーザーサラダにあたったんじゃないかと思ってるんだけど、ガイドさんは熱中症じゃないか~と言ってました~。
真相は分からず。あと残り1ヶ月のインド生活でのまさかの食中毒(←たぶん)。

そしてタージマハール見れず(遠くからしか)。。。
タージマハールの呪い

でも無事に帰ってこれたので良しって事で

最後の最後まで気をつけなきゃ~

ナマステ




2013.06.06 Thu l インド旅行 l コメント (5) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。