上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
週末はちょっと豪華な朝食の日~♪

ってことでリコッタチーズパンケーキを作りました~☆
私の大好きな某有名シェフのレシピです~

DSC00845 (420x280)

生地は甘くなくフワッフワ
ハチミツをたっぷりかけると程よく甘くておいすぃ~

今回がソイフラワー(大豆の粉)で作ってみました~。
お好みで何の粉でもいいと思いま~す。

ちなみに、ハチミツはミネラル、ビタミンも豊富で強力な殺菌効果もありまっす。
という訳で、パンケーキにはハチミツをガンガンかけて、またはお湯に生姜とレモンと一緒にハチミツをガンガン入れて飲んでます

お試しあれ~

ナマステ
スポンサーサイト
2013.03.17 Sun l Cooking l コメント (3) トラックバック (0) l top
ちょっと前にスコーンを作ってみた

レシピには小麦粉って書いてあったんだけど、インドの小麦粉がどれがいいのか分からないので、家にあった6種の穀物の粉と、得意のマイダ(中力粉)をてきと〜に混ぜて作ってみたよ〜。いつもテキト〜。

でもこのスコーン。。。ビックリする程美味しいのぉ〜
天才パティシエまた登場〜(←得意の自我自賛)。

scone1.jpg
scone2.jpg

レシピはこちら♪
ご興味があればテキト~に作ってみてちょ

なますて
2013.03.10 Sun l Cooking l コメント (3) トラックバック (0) l top
そういえば。

2週間前ぐらいにロールパンを作ってみたよ~♪
DSC00808 (420x280) (2)

DSC00810 (420x280)

うふふ~☆
数週間前にお友達に作り方を教えてもらったんだよ~☆
直後に一人で作ってみたけど、温度調節がうまくいかず、パン膨らまず失敗~。

だって家のオーブンはデジタルじゃないから特に低温の調節がきかないんだも~ん。
って事で、今回はあの手この手を使い(熱湯の入ったボールに、パン生地の入ったボールを浮かべてオーブンに入れてみた)、パン生地はすくすく育ちました~☆

そしてパンのお供は、心の友ピーナッツバター(粒入りね~)とドイツで買ったラズベリー(多分)入りのハチミツ~☆
DSC00809 (420x280)

ちなみにね~、ロールパンは通常、強力粉で作るらしいんだけどインドに強力粉が売ってないので、マイダという中力粉で作りました~。
モチモチ感が強いパンが出来るよ~。
おいしゅうございました☆

ナマステ
2013.03.04 Mon l Cooking l コメント (3) トラックバック (0) l top
納豆を作ってみた~☆

どうやら納豆はヨーグルトと同じで、元の菌を少しだけとっておいて新たに材料に混ぜて発酵させるとできるらしい(←ネット情報)。

日本から持ち帰った納豆の残りを使って早速。

まず大豆を洗って水に1晩つけておきま~す。
そしてお好みの硬さになるまで茹で、タッパーにいれます。雑菌の気になる方はタッパーを熱湯消毒してね、と書いてありました~☆
そこに市販の納豆を少量加え混ぜ混ぜ。熱いうちにやったほうがいいらしい。

そして焼く40度の環境で24時間程度発酵させま~す。
*納豆は酸素を好むので蓋で密閉しないほうがいいらしい♪
*蒸気の水滴が落ちるのを防ぐために布かペーパータオルを蓋の下に挟んでおきま~す。

う~ん。。。40度の場所。。。ないよ。

って事で、始めはケーブルテレビのレコーダーの上においてみました♪
DSC00767 (420x280)

タオルもおいたけど、とても40度には足りないので今度は使用後のオーブンの上の棚に。
こりゃ結構暖かいよ。
DSC00768 (280x420)

24時間後の大豆がこちら。
DSC00769 (420x280)

う~ん。。よく分かんないけど納豆の匂いがする~。
ちなみにコタツの中に入れたり、カイロで暖める人もいるらしいよ~。

その後冷蔵庫で24時間程度寝かせます。

そしてかき混ぜてみると。。。お~、ちゃんと糸をひいている~♪
DSC00771 (420x280)

という訳で、今日のお昼ご飯は納豆ご飯。
玄米と乾燥わけぎをいれて食べてみた~。卵は生が怖いのでやめておきました~。残念~。
DSC00774 (420x280)

お味は。。。ちゃんと納豆の味がする~。
でもちょっと納豆臭が弱い感じ~。発酵が足りなかったのかな~。今度はもっと暖めよう。
でもおいしゅうございました☆

根性で納豆まで作っちゃうもんね。
大体な作り方で。てきとーな感じで(←高田純次作戦)。

ちなみに家では去年の夏からず~~~っとヨーグルトを作ってるよ(ファビやんが)。

なますてぃ
2013.02.22 Fri l Cooking l コメント (5) トラックバック (0) l top
こっちのケーキとか、スイーツ類を食べたことがないんだけど。。。
完全に日本の味ではないことが見た目から判断できるよ~。

そんな訳で
「無いのなら、作ってしまえホトトギス」(?)
って事で、なめらかプリンを作ってみたよ~♪

インターネットでかの有名なパステルのシェフのプリン教室に行った人のレシピ通りに作ったら。。。

おいすぃ~~~~いのっ!

ほんとに滑らかにできちゃうんだよ~☆
とってもクリ~ミ~☆
私、天才パティシエかと思った~(←言わせておいて。。)☆

PC051206 (420x420)

しかも作り方は超簡単♪
主婦の皆さんの為に(←また)(←主婦じゃなくてもいい)レシピを載せちゃうよ~。

*なめらかプリン*

【材料】ー耐熱用の器(マグカップ等)4~6個分
《カラメル》
グラニュー糖 140g
水      40cc

《プリン生地》
牛乳               250cc
生クリーム(脂肪分45%以上のもの) 250cc
卵黄(Lサイズ)          4個
グラニュー糖            60g
バニラエッセンス          少々

【作り方】
《カラメル》
1) 鍋が入る大きなボウルに水を入れておく。
別に熱湯(40cc)を準備する。

2) お鍋にグラニュー糖入れて、火にかける。(中火。鍋底全体に火があたるように)

3) 全体に色づいてきたら、目を離さずベラなどでゆっくり混ぜる。 さらに色が濃くなり、鍋全体が沸騰するようにフワーっと泡が あがってきたらすぐに火を止めて、鍋底をボウルの水につけて冷まし、 すぐに水からあげて熱湯を少しずつ注いで溶きのばす。 (この時跳ねるので注意)

4) プリンの器に注ぐ(カラメルが熱いうちに注ぎいれる)。 カラメルを作ってからすぐにプリン生地を流しこむと、 プリン生地がカラメルと混ざってしまうので、 カラメルは、プリン生地より先に作って冷蔵庫などに冷やしておくといいらしい。
    
《プリン生地》
1) 牛乳と生クリームを一緒にして温める。
約50度くらい。触ってあついなーくらいの感じ。
ポイントは、温度を60度以上にしないこと。 60度以上にすると膜ができる(ホットミルクを飲む時によくできるあの膜)。この膜はたんぱく質が空気と触れて変質したもので、この中には牛乳のたんぱく質や 脂肪分が含まれている。膜をとるということは、こうした成分を捨てることになる ので、必ず60度以下に。

2) 1.を温めている間に、卵黄とグラニュー糖を混ぜる。
卵黄にグラニュー糖をいれたらすぐまぜるのがポイント。 これは、砂糖に水分を吸う性質があるため。
混ぜてしばらくほっておくと お砂糖が卵黄の少ない水分をすってしまい、 そうすると卵黄がかたくなって粒で残ってしまう。
混ぜる時は、空気をいれるというよりも、卵黄をグラニュー糖で 細かくするという感覚。プリンは卵の卵黄が熱で凝固して固まるもの。 ということは、卵黄をいかに細かくしていかに全体にうまく混ぜるかが 最終的ななめらかさにつながる。 生クリームを泡立てたる時は空気をふくませるように混ぜるが、 今回は空気を混ぜる必要ないので、直線的な感じで混ぜていい。 ちなみに量が少ないから、ボールをななめにすると混ぜやすい。

3) 1.と 2.を混ぜ、バニラエッセンスを加える。
一度に混ぜ合わせると、卵黄がかたまりはじめてしまうので (卵黄は70度で確実に完全に固まってしまう)、 最初は少しだけ入れて、混ぜてから残りをいれる。 ちなみに、1.で50度になったのを2.に混ぜ合わせると40~45度に、 そしてカップに流した状態では35度くらいがベスト。

4) できるだけ目の細かい万能こし器で生地を裏濾しする。
裏濾す理由は (1)なめらかにするため、 (2)異物をとりのぞくため、そして (3)からざ(卵黄の両側についていて、卵の卵黄を白身の中央に維持しておくもの。結構かたい)を取り除くため。

5) 表面の泡をとる。
表面の泡をとっておかないと仕上がりがきたなくなる。 泡はキッチンペーパーを表面に被せてすっと抜く感じでとると綺麗にとれる。 ちなみにパステルでは消毒用のアルコールで泡をとっている。 このアルコールはプリンの表面にかかるだけなので、 焼いている間に飛んでしまうので、中に入ることはないそうです。
→ちなみに私はこの作業をすっとばしたので、泡が残ちゃったよ~。

6) 湯煎の鍋で蒸し焼きにする
ポイントは、プリン生地を流した器を、アルミホイルで完全に蓋をすること。 そうしないとお湯が器の中に入ってしまう。 蓋をしたら、お湯を沸騰した状態で火をとめて、器を並べる。 お湯の量は器が半分~3分の1くらい浸る程度。 鍋に蓋をして弱火で15分(器にもよるので12~17分の範囲で調整)。 ぐつぐつ沸騰させないこと。

7) 焼き上がり
焼き上がりの見極め方は、軽くゆすった時、焼けていないと、中央部分に丸いしわ ができる。これは、プリン生地が固まる時に、まず周りから順に固まっていくため。 その場合はもう一度アルミホイルを被せて弱火で1~2分様子を見る。 また、プリンのゆれかたも見極め方の一つ。弾力のあるぷるぷるしたのはok、 波打つような感じだと固まっていない可能性が高い。

8) 鍋から取り出し、粗熱をとり、3~4時間冷やしてできあがり!


ちなみにね~、私はインドで脂肪分45%以上のクリームが見つけられなかったので、25%のクリームを200ccとコンデンスミルク約50cc入れて、砂糖の量を控えめにしました☆

それでも超滑らかになったよ~♪

お試しあれ~

ナマステ


2012.12.05 Wed l Cooking l コメント (2) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。