上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top
話は旅行に戻って、ラスベガスの帰りにニューヨークにも寄ってきました
初めて行ったニューヨーク。。。楽しかった~~

世界の金融、経済、ファッションの中心である大都会のパワーを感じました☆
そして色んな映画のシーンに使われた場所を見て感動~

「そういえばゴジラもキングコングもニューヨークで暴れてたよね~
とか、
「デイアフタートゥモローでこの図書館に逃げ込んでたよね~
とか。もう数え切れない映画の数々な訳です。
大興奮っ


でも何といっても、今回のニューヨークの旅で一番印象に残ったのは「911メモリアル」。

2001年9月11日に起きた悲しい事件の跡地です。
あの日、私は、家で何かのテレビドラマの最終回を見ていました。日本時間の夜9:50頃。
もうドラマが終わります、というところでいきなり画面が変わり、飛行機がワールドトレードセンターに突進する画像が映し出されました。これは1機目の追突(日本時間21:46)。
映像が映し出されてから約10分後の日本時間22:03に、まさかの2機目の衝突でした。
こんな事が実際に今起きていることが信じられない気持ちでした。

約3000人の犠牲者が出た、この悲しい事件の跡地周辺が再開発され、現在、新しいワールドトレードセンタービル1~7(全7棟)が建設中です。
DSC02545 (420x280)


そして崩壊してしまった2棟のワールドトレードセンターの跡地は、「911メモリアル」として、「あの日の大惨事を決して忘れず罪なき犠牲者を記憶に留め、追悼すること、また他人を救うために自らの命をささげた人々の勇気を称える」事を目的として、2つのビルのあった場所に、このような2つのプールが作られました。

DSC02542 (280x420)

このプール、淵から水が出て、さらに真ん中の深いところへ流れていくのですが、この真ん中のプールの深さが見えない。底知れない悲しみを表してるようでした。
それぞれのプールの淵には、犠牲者のお名前が刻まれています。
お名前は、9/11当日に犠牲者がいた場所やその日に亡くなられた方との関係を反映したり、ご家族が希望により、別の犠牲者のお名前の隣に並ぶようにするなど、いくつもの配慮がされているそうです。

また、犠牲者のお誕生日には、911メモリアルの職員によって、白いバラが供えられるそうです。
DSC02544 (280x420)

犠牲者のうち、400名以上が救助のためにビルに入った初動レスキュー隊だそうです。
1403151_10151918813624089_254451225_o (420x280)

犠牲者の国籍は90カ国以上、最高齢は85歳、最年少は2歳の幼児だそうです。
この日、約3000人の命が無念にも絶たれ、その家族や友人の人生も変えてしまったのです。
本当に心が痛みます。

政治や宗教や民族やら、色々と難しいことは沢山あるのは分かります。
それらが複雑なことも分かります。
でも、
「色々あるけど、仲良くやりましょうよ~っ!」
と思います。
もう二度と、こんな酷い事が起きない事を心から願います。

ちなみに911メモリアルは無料ですが、チケットを窓口にもらいに行ってからでないと入場できません。
またはインターネットで予約し、チケットをプリントアウトして持っていくのが一番早いかも。

なますて
スポンサーサイト
2013.10.22 Tue l 旅行 l コメント (2) トラックバック (0) l top
私もファビちゃんもショーが大好き
できる限り見ようということで、毎夜ショーへ繰り出しました。

殆どのショーのチケットは、当日の公演分であれば割引チケットが買えます。
ラスベガス・ストリップに何件かこの看板のチケット屋さんがあって、ショーにもよりますが、少なくても30%ぐらいは安く買えるみたい。
DSC02327 (280x420)

でも確実に良い席で見たい人は、早めに正規のチケットを買ってね

ちなみに、ここで色々なレストランの割引券も買えます。
2ユーロぐらいで、「会計から20%off~」みたいな割引券が手に入るのですっ
こちらもお得~


そしてまずは、天才マジシャン、クリス・エンジェルを見に。
DSC02396 (420x280)

どうですー、このナルシストな感じ?
この人、ヘビメタ的なバンドで歌歌っちゃってたりもするんですよー。ちょっとうさんくさいでしょ~。
でもマジックはすんごいのです

よくケーブルテレビとかで、この人のマジックの番組をやっているのですが、これがまた凄いっ
街中で、一般の人の目の前で、水上を歩いちゃったりビルの壁を垂直に登っちゃったりもする訳です。
マジックなのでもちろん、タネもシカケもあるんでしょうが、これが一切見えない、分からないっ。

ラスベガスのショーではさすがに水上は歩かなかったし、TVよりもマジックの規模は小さかったけど、それでも関心&???どうやって??というマジックの数々。

ほんとに不思議でたまらないのは、今舞台の中央・奥の方でクリス・エンジェルが消えたと思ったら、次の瞬間舞台の端から出てくるのですっ!
その間、1秒あるかないか。
そんな事ってありえる~~???!
どんなんなっちゃってるのか誰か教えて。眠れません(←うそ)。

ショーはもちろん撮影禁止ですが、最後にクリスが「写真撮っていいよ」タイムをくれます。
よっ、客商売の鏡。
DSC02394 (420x280)



そしてお次はご存知「シルク・ドゥ・ソレイユ」。
シルク・ドゥ・ソレイユは、ベガス中のあちらこちらのホテルで、違うショーをいくつか公演してるのですが、一番人気は水をテーマにしたサーカス「O(オー)」。

なんだけど。。。なぜか私達の滞在中3日間は公演していなくて日程が合わず断念。
ちなみに「オー」だけは割引チケットの販売をしていません。

仕方がないので、見にいったのは同じくシルク・ドゥ・ソレイユの「MYSTERE」
こちらも中々のサーカスです。
でも演出の趣旨が良く分からない部分があり、私的には上海で見たサーカスの方が上。



そしてそして。。。私とファビちゃんイチ押しのショーは~~~。。。
JABBAWOCKEEZのショーですブヒ~ッ


この人達、日本じゃあまり知られていないですよね~。
ファビちゃんが昔から、「JABBAWOCKEEZ、JABBAWOCKEEZ」言っていて、動画を見せられたりしてたので私も知ったのですが、この人達は、アメリカのTV番組「 America's Best Dance Crew」でチャンピオンになったダンスグループなのですっ!

アメリカ、サンディエゴ出身の高校生のお友達グループから始まったらしいこのグループ、Wikipediaには8人グループと書いてあります。
でもショーでは助っ人ダンサーも加わっているようで、もっと人数がいました。

白いマスクと手袋をして踊ります。
こちらショー「Prism」のポスター。
jabba (420x420)

この白マスクが良い訳ですっ!
マスクをして顔が見えない事によって、ダンスが引き立ち、全員のダンスがシンクロして見える訳です。
そして一人一人の身体能力がすごいっ!
ブレイクダンスからパントマイム的な事まで取り入れられてるんですが、
「この体制からこのスピードでこの体制に~~っ?」みたいな動きの嵐なのですっ!

みんな細マッチョで肩幅が広くて。
男子のセクシーさを出しまくりな訳ですっ
一芸に秀でてるって素敵
あ~、かっこいい

ちなみに、この人達、決して素顔を隠しているわけではなく、ダンス後にはマスクを取ります。
アジア系のメンバーが多いのもまた素敵

ショーの最後には、スタンディングオベーション。。。と見せかけて観客、踊りまくるという状態に。
ファビちゃん →軽く踊る
私 →興奮のあまり狂ったように踊る
という状態でショーは幕を閉じました。



他にもスタンディングコメディーショーや、National Geographicのエキジビジョンにも行きましたが、結果、今回のベガスの旅のイチ押しショーには、JABBAWOCKEEZの「Prism」が輝きました~~
おめでとうございます~

ぜひ「JABBAWOCKEEZ Prism」で動画を検索して見て下さい。

あ~、また見たいJABBAWOCKEEZ

なますて
2013.10.18 Fri l 旅行 l コメント (4) トラックバック (0) l top
帰ってきました。時差ぼけです(←時差に弱い)。

ラスベガスとニューヨークの旅10日間でした~。

ラスベガス大好き~
だって何でもありなエンターテイメントな街なんだも~ん

ラスベガスストリップ(大通り)に立ち並ぶホテル達はどれもテーマがあり、ユニークでゴージャス。
数々のおしゃれな内装のショッピングモール達。街のはずれにはアウトレットショッピングモールも2つあるし。
有名どころ、または名だたる料理人のレストラン達。
各ホテルで繰り広げられているショーの数々。
エキジビジョンなんかもやってたり。

もう、あ~急がしって感じなのです。

カジノで遊ばない人にとっても、十分楽しめる場所なのです

歩いてるだけで楽しい、ホテル達。

今回泊まったホテルは「Pallazo」.どど~ん。
DSC02324 (420x280)

ラスベガス・ストリップの北の方にあります。
ホテル内には秋な感じのデコレーションが。
DSC02308 (420x280)

DSC02307 (420x280)


こちらはお隣、「Venetian」。
DSC02380 (420x280)

その名の通り、ベナチアをテーマにしたホテル。
Palazzoと同じ会社のホテルらしく、色々なものを共通で使えます。
ホテルの前にはこんな運河にボートが。
DSC02314 (420x280)

天井もイタリア調。ゴージャス。
DSC02313 (420x280)

こちら、隣接しているショッピングモール内にも運河&ボートが。
乗れます(有料で)。歌ってくれます(多分有料(チップ)で)。
DSC02402 (420x280)


そして「Paris」。
ちょい小さめのエッフェル塔。
ホテルを探していたとき、ここに場所がストリップの真ん中辺にある事、ビルが素敵な上にお値段がお手頃だという理由で、予約をしようとしましたが、「パリから来てパリに泊まるってのもどうなの~?」というファビちゃんの提案により、却下。
DSC02334 (420x280)


「Caesars Palace」
こちらもイタリア調。コロッセウム(もどき)があります。
DSC02331 (420x280)

トレビの泉(もどき)もあるよ。
DSC02377 (420x280)


「New York New York」
小型自由の女神。
DSC02383 (420x280)

ニューヨークの町並みが再現されているビルの周りをジェットコースターが駆け巡ります。
ファビちゃん、乗ってました。(←一人で)
DSC02408 (420x280)


「Excalibur」
おとぎの国のお城みたいな外観で、きゃわいい~。
DSC02384 (420x280) (2)


ご存知、ピラミッドの形をしたホテル「Luxor」。
DSC02405 (420x280)

Luxorがほぼ南の端に位置しています。
泊まっていたホテルPalazzoからLuxorまで歩くと、なんと凄く時間かかってしまったのです。
一本道なので近そうに見えるけど、一つ一つのホテルの敷地がバカでかいのと、車道を渡るのにちょっと大回りして歩道橋を使わなければいけなかったりするので意外と遠い。。。ヘロヘロになってしまうのです。。。

でも大丈夫~
南北に走っているバスがあるのです
24時間使えるチケットが8ドル、72時間使えるのは20ドルで乗り放題です。


各ホテルに、ショッピングモール的なものも併設されているので、体力があれば、歩いて見て回るのも楽しい

あ、それと、写真は(また)無いですけどね、カジノは老舗「Bellagio」の雰囲気が好きです。
Bellagioはビルが特にユニークな訳でもなく、最近できた新しいホテル達のようにユニークで目立ったテーマはないのですが、ラスベガスで最高級なホテルのひとつです。
なので、カジノも「これがカジノだっ」っていうような落ち着いた高級感が漂ってて好き

他にも素敵なホテルが沢山あって、町を歩いているだけで世界旅行をしたような、ちょっと得した気分になれる場所なのです

あ~、得した(気分)
イチ押しベガス(あ、バルセロナの時もそう言ったかも~

なますて


2013.10.17 Thu l 旅行 l コメント (2) トラックバック (0) l top
8月のバケーションは、バルセロナの前にマヨルカ島(マジョルカ島ともいう)にも行ってきました

マヨルカ島はバルセロナから飛行機で20分(近っ!)ぐらいです。
ヨーロッパの人達に人気のバケーションの場所で、アジア人は一切見かけませんでした。

アジアから遠いもんね。

マヨルカについて、空港から乗り合いバスでホテルまで。
直行なら1時間程度でつくはずなのに、色んなホテルに寄って、数人下ろしてまた次のホテルへ、というシステムで、なんと私達のホテルは最後から2番目、という悪夢。

結局、到着までに3時間のバス旅行。
その上、道が狭い為、クネクネクネクネ曲がるので、もう気持ち悪さはMAXの私とファビちゃん。
これはある意味拷問でした~

でもこの海の色見たら気持ちの悪さなんて吹き飛んでしまう~(←吹き飛ぶのに20分かかったけどね)。
DSC01798 (420x280)

地中海の海の色は濃紺で、
DSC01805 (420x280)

なんだか圧倒されてしまいます
DSC01804 (420x280)

そういう訳で、また焼けて黒くなったよ

ナマステ
2013.09.05 Thu l 旅行 l コメント (2) トラックバック (0) l top
フランスについて更新しないままスペインの話をしま~す(←自由人)

スペインは、マヨルカ島とバルセロナに行ってきました~。
今日は、バルセロナで見て感動した、アントニ・ガウディはん編で~す。

ガウディはんは、スペイン、カタルーニャ出身で、バルセロナを中心に活躍した建築家です。
小さい頃にリウマチにかかり、学校に行き始めるのが少し遅れました。
痛みで動けない中、ガウディはんは草木や昆虫などをよく観察していたそうで、それがガウディはんの作風に反映されているのです~。

こちらご存知サグラダファミリア。
DSC01854 (420x280)

教会なんですけど、なんと~、1883年に作り始めて、未だに完成していないんですね~。
なのでこんなに未だにクレーンが~。
現在のところ、完成予定は2026年だって。しかも既に古い部分は修復工事も同時に行われてるとか~。

中はこんな感じで~。
DSC01909 (420x280)

内装は森をイメージしているとかで、柱は木の形を表現しています。
そして葉っぱを思わせる装飾も。
DSC01913 (420x280)
DSC01915 (420x280)
DSC01916 (420x280)

とにかく「ナンじゃこりゃ~。見たことないがな~!」
っていう景色です。

DSC01921 (420x280)

キリスト像も他の教会とは一味違う。
DSC01922 (420x280)

そういえば、昔、電波少年で芸人がサグラダファミリアの工事を手伝いに行ってたよね~
(↑知ってる方はある程度のお歳ですね

ちなみに、入場券を当日買おうとするとエライ並びます。この日は2時間待ちでした
なので行く場合はインターネットで入場券を予め買って行きましょう~
そうすると全く並ばずに入れます

そしてこちらは、グエル公園。
ここは入場無料です~
DSC01857 (420x280)
ま~、隅々まで。。
DSC01858 (420x280)
芸が細かいな~、という公園です~。
DSC01885 (420x280)
敷地がかなり広いので、
DSC01872 (420x280)
真夏に見て回る時は、水を持ち歩きましょう~。
日差しにやられます~。(←やられた人)
DSC01864 (420x280)
DSC01866 (420x280)

こちらは街中にひょっこりある、カサ・バトリョ。
近くまで行くと、明らかに他の建物とは違うかわいい建物+皆が写真を撮っているのですぐ分かる~。
DSC01895 (420x280)

カサ・ミラ。
こちらは入場料を払って中に入ってみました~。
DSC01950 (420x280)
まずは屋上へ。何やら不思議な形のオブジェがいくつも。
夏季はジャズコンサートなども屋上で催されるようで~す。
DSC01988 (420x280)

「カサ」っていうのはアパートって意味で、アパートの部屋の様子も展示されていて見れます(←写真は忘れた~)。
こちらの建物には、実際に今もすんでいる人がいるらしい~。
ガウディーはんの、かわいいアパートに住めるなんて素敵
DSC01986 (280x420)
DSC01985 (280x420)

鎖をこんな風に吊るして。。
DSC01993 (420x280)

それを下から鏡に映した姿をデザインしたそうな~。(↓この写真が鏡に映ったもの)
面白いこと考えるね~。
DSC01992 (420x280)

ちなみに、外から建物を見上げると~
DSC01953 (420x280)

各階が同じ形では無いのですね~。

ガウディはんのどの作品も、まるで、おとぎの国に迷い込んだ様な気持ちになる、素敵なものでした
ガウディはん、あなたを天才に認定いたしますっ(←もうとっくに天才と思われています)
ブヒっ(←興奮の音です)

そしてこのガウディはん、身なりを気にしない人だったそうで、ボロボロな格好で路面電車に引かれてしまい、建築家として有名で地位のあるガウディはんを、人々はホームレスだと思ってしまい、迅速に適切な治療が行われなかった為に、治療の遅れにより亡くなってしまったそうです。

ガウディはん。。。好きです、あなたの変わり者的な作風。

バルセロナ、お勧めです

ナマステ











2013.08.21 Wed l 旅行 l コメント (1) トラックバック (0) l top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。